家づくり3つの約束

世代を超えて受け継がれる骨太で頑丈な家づくり

スーパー耐震ベタ基礎

地震に強く家も長もち、「スーパー耐震ベタ基礎」

地震に強い家づくりの基本は頑丈な「基礎」にあります。まずは一邸ごとに地盤調査を実施して地震耐性を判断し、土地にあわせた基礎設計を提案します。軟弱地盤には、杭打ち工法や柱状改良を100%実施し、その上に軟弱地盤にも威力を発揮する「ベタ基礎」を施工します。硬く強度のある地盤に対しても同様に、 湿気やシロアリの侵入を防ぐことに効果的な「ベタ基礎」を採用し、住宅の寿命をグンと高めています。骨太基礎で5倍の強度。
当社のオリジナルで開発した「スーパー耐震ベタ基礎」は、大きな栗石を敷き並べ、密に組んだ鉄筋と分厚いコンクリートが絡み合って強固となります。さらに160ミリ幅の骨太基礎をバランス良く、高く配置し、従来基礎の5倍の強度(当社比)を実現しました。

千年床構造

ミキホームの熱意が生んだ、「千年床組構造」の驚くべき耐久性。

ミキホームオリジナルの「千年床組構造」は、耐久性の高いヒバやヒノキの土台を惜しげもなく間中ピッチで碁盤状に組んだ最高の床組みです。耐久性にも仕上がった後の歩き心地にも差が出ます。床下から家も健康、そして長もち。建物の長寿は足元から生まれます。

構造計算

現在の建築基準法では、木造の2階建て住宅には構造計算は必要ありません。しかし、昼夜を問わず毎日生活を営む住宅にこそ構造計算を行い、確かな安心が必要であると考えます。ミキホームでは専門のスタッフが全棟構造計算を実施し、お客に安心安全をお届けしています。

骨太構造体

火災にも強い威力を発揮、「極太構造体」の骨組み。

建物の骨組みの要である「通し柱」は、耐震金物工法を採用して、バランスよくしかも本数も多くして安定を優先します。通常の「管柱」も本数を多くし密に配置する設計を行い、家の加重をしっかりと支える構造としています。さらに意匠としても存在感を発揮する極太の大黒柱を提案して、世代を超える家づくりを提唱しています。また、水平方向の梁・桁材も一般的な材料よりもひとまわり大きな材料を用い、大きな地震時にも被害を最小限に食い止める事が出来ます。

高耐震HQ金物工法

金物ひとつ、組み方までこだわる「高耐震HQ金物工法」。

HQとは、ハイクオリティーの意。伝統的な軸組みの接続方法に最新の技術を融合。通し柱を傷めることなく梁と接続できる理想的な軸組工法です。柱の脚元は、コンクリート基礎とHQ金物が直接金結され、今まで弱点であった地震時の突き上げによる引き抜きを克服しました。