今月の特集

今月の特集

木材腐朽実験 -The decay of timber-

2016/12/08

木材のデメッリットを敢えてあげれば、

それは「腐朽」

湿度や通風環境、蒸れ等により木材は腐朽するのです。

そのため、木造住宅の土台材など環境の厳しい部位の木材には

防腐処理を施すように指導されています。

不朽実験.jpg

上の写真は、

木材にとって劣悪な環境に試験片(杉、米松、桧、ヒバ)を置き、

約5年間放置して、腐朽状態を実験したものです。

向かって右側は防腐処理を施さないそのままのもの、

左側は加圧注入式の防腐防蟻処理を施したものです。

それぞれ樹種の持つ特性により差はあるものの、

やはり防腐処理の無い無垢のものは腐朽が進んでいます。

一方、左側の処理済みのものは腐朽がありません。

木材は適切に使えば、長持ちし、

永く快適な住まいを支えてくれることがわかる

貴重な資料です。