今月の特集

今月の特集

無垢の木の実力 vol.3 -wood power-

2016/06/02

無垢の木の調湿性の実証実験です。

杉の塗装実験比較.JPG

杉の木で作った箱に、

リンゴ、ミカン、バナナ、ニンジンを入れ、

ラップをして数週間放置しました。

左の箱はラップに水滴が付き、

曇ってしまいました。

これは食物から出た水分が

行き場なくラップに付いたものです。

真ん中と右側の箱には水滴は付いていません。

違いは一つ。

箱の「塗装」です。

水滴のついた左側の箱には、ウレタン塗装を施し、

膜を作っており、木は呼吸できません。

一方、真ん中の箱には柿渋成分の自然塗料、右側の箱は無塗装です。

こうしてみると無垢の木の調湿力がよくわかります。

塗装は汚れ防止や耐候性を高めるためにはもちろん有効ですが、

木が本来持つ力を100%発揮させるために、やはり塗装無しの、正真正銘

無垢の状態が一番良いようです。

代表取締役 三木 勝彦