今月の特集

今月の特集

ギャッベ -Persian Carpet-

2016/03/05

ギャッベという手織りの絨毯をご存知でしょうか。

イランの南西部で生活を営む遊牧民(カシュガイ族・ルリ族など)に

古くから伝わる伝統的な手織りの絨毯で、

今やペルシャ絨毯と並んで世界中で愛されています。

ギャッベ.JPG

IMG_0199.JPG

彼らは標高2000mから3000mのザクロス山脈を、

北へ南へ移動しながら、

山羊や羊を育てて生活している遊牧民です。

ギャッベを織る材料は羊の毛。

春と秋に男たちが毛を刈り取り、

その糸を紡いで女性がギャッベを織ります。

羊.JPG

ギャッベは、寒暖差の激しい山岳地帯を

移動しながら生活する彼らにとって

厳しい自然環境から身を守る必需品なのです。

羊の毛は、湿気を吸収したり、排出したりするため

夏涼しく、冬暖かい特性があります。

太い糸でざっくりと織られたギャッベは、

分厚くて丈夫で、燃えにくく、水を弾くため汚れも寄せ付けません。

正に自然の持つ力です。

女の子の遊び場は織り機の上。

幼い頃から母親のそばでギャッベを織る姿を見て育ちます。

ギャッベは母親から娘へと代々織り方を伝承され、

受け継がれていきます。

IMG_9711.JPG

ギャッベを織りあげるには長い月日がかかります。

玄関マットサイズ1枚を織りあげるのに、

6か月以上かかるものもあります。

織り、洗い、天日干し、刈り込みなどの工程を経て、

ギャッベ特有の光沢を作り出します。

ギャッベには、様々な模様があります。

その模様のひとつひとつに、

織る人の願いや思いが込められています。

例えば、

木の模様は「生命の樹」と言われ、健康と長生き。

羊や山羊の模様は、生活に不自由しないように財力。

四角い形や波線の形は井戸や川を表し、大切な水に困らないようにと。

20150405_173045.jpg

ギャッベに描かれる絵柄は、

一枚として同じものがありません。

それは織り手が即興で織り上げていくからに他なりません。

それぞれの願いを込められて織りあがるギャッベは、

まさに「世界に一枚」なのです。

ギャッベは色鮮やかです。

染色はすべて草木染。

大自然から生まれるやさしい風合いと力強さがあります。

赤い色は茜の根。

黄色い色はざくろの皮。

青い色は藍。

茶色い素朴な色はクルミの殻。

大きな鍋で煮立てて染色するので、色もまた同じものがありません。

羊毛の色が濃くなって草木染めの色が落ち着くまでに

30年以上かかると言われています。

使い続けるほどに光沢と味わいが深くなるギャッベは、

親から子へ、子から孫へと代々受け継ぐものなのです。

日本で言えばちょうど着物のような存在でしょうか。

苑歌.JPG

当社では、このように手間暇かけた最高級のギャッベを

建築に取り入れることを提案しています。

無垢の床の上に自然豊かなギャッベを敷いて、

ゴロンと横になって生活したり、

薪ストーブの前に敷いてリビングを彩ったり。

IMG_0179.JPG

ギャッベの価値はますます高まります。

皆様の暮らしに「ギャッベ」を選択してみてください。

わたくしがお奨め致します。

IMG_9507.JPG

株式会社ミキホーム

代表取締役 三木 勝彦